こんどはマルシンのABS製ワルサーPPK/Sである。
よく考えてみるとオートのモデルガンが無いな、と思い、組み立てキットのこのモデルをGETしてみた。
本当はHW製が欲しかったのだがまあしょうがない。
火薬を入れてブローバックを楽しむにはABSの方が材質に粘りがあり良いのだが、近所迷惑が・・・。
なお、刻印は現行品のMARUSHIN刻印である。

最近のガスガンはとても良くできているのだが、やっぱりマガジンを比べてしまうと違うものだ・・・。

なお、マガジンのバネはかなり固く、装弾はかなり指が痛い。

きちんとカートリッジが覗いているのがやっぱり良い。

塗装は全くせず、ポリッシュのみだがABSは結構艶が出て綺麗になる。

呼び方を忘れたが、カートリッジが入っているかどうかがリヤサイトのすぐ下に表示される機能はワルサーP38にもあるのだが、マルゼンのP38はここは飾り。まあカートリッジが無いのでしょうがないが。
さすがにモデルガンはここもこだわっていてこのようにカートリッジが装填されると銀色の棒が出っ張る。

ハンマーのコッキングの感触はいまいちで、実銃もそうなのかもしれないが、メインのバネとの連動の仕組みがそもそもいまいちな感じもする。

PPK/Sの分解はなかなか独創的で、このようにトリガーガードをまず外す。この状態で上部が外れるまでスライドできるようになるのだ。

もっとも、このモデルガンだけかどうか分からないがそこから先が結構外しにくいのだが・・・。

ブローニングM1910と並べると改めてブローニングの小ささと、突起の少なさが目立つ。
パフォーマンスセンターの945もコンパクトだがさすがにカートリッジが大きいので、厚みがかなり違う。
ワルサーP38もガバメントなどと比べると小柄な感じもするのだが、PPK/Sはやっぱり小さい。

発火させて楽しめば良いのだが、手でスライドを動かしてイジェクトを楽しむには小さすぎ・・・。オートのモデルガンならもっと大きいモデルにした方が良かったかも。

マルベリーのPPK/S用カートリッジをGETしてみた。やはり弾頭部分が色が違うのはカッコいい!
マガジンには8発装弾できるのだが、かなりバネを押し込むのが固く、この状態で本体にマガジンを入れても最初の2・3発はスライドがそう簡単には閉まらない・・・。

 それにしても日頃の欲求不満から(?)すごい勢いで買い捲っている。何の役にも立たないと妻に言われるが、やっぱり子供の頃から好きだったものは好きなのだ・・・。


よろしければブログもご覧ください
ipv400041692 from 2003/9/22